痛みのコントロールと膝関節のケア

変形性膝関節症のリコンデイショニングプログラムを進めていく上で、実際の膝の痛みへの対処は非常に重要である。クライアントは痛みがあると非常に不安感を持つ。リコンデイショニングではクライアントのモチベーションを維持し続けることが成功の鍵を握っているといっても過言ではないため、不安を取り除き 、トレーナーやプログラムを信頼してもらうために、痛みをコントロールすることは非常に意義がある 。

痛みのコントロールにはアイシング、保温、サボータ一、ス トレ ッチ、マッサージ、誠灸、低周波、 赤外線、入浴など様々なものがあるが、特にアイシングはリコンデイシヨニングプログラムの前後における痛みのコントロールに有効である。

病院の診断は同じ変形性膝関節症であっても 、それぞれの症状、希望するゴール、クライアントの年齢や性格、他の病気や傷害などにより 、リコンデイショニングの過程が膝の腫脹と屈曲制限のある高齢の様々であることを表している。様々なリコンデイショニングのケースを知り自分なりの幅広い指導の形を作りあげるための参考にしていただければと思う 。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です