変形性膝関節症とは

変形性膝関節症の予防、改善を目的としたリコンテーィシヨニングフ。ログラムを提供するためには、まずは何よりも変形性膝関節症に関して理解を深めなければならない。もちろん、パーソナルトレーナーは医師ではなく、変形性膝関節症の診断行為を行うわけではないが、この疾病に関して充分に理解していないと、適切なリコンディショニングプログラムを提供することはできない。そこで、以下に変形性関節症について簡単に解説していこう。

変形性膝関節症とは、大腿骨と頸骨が接する断端を覆う関節軟骨がすり減り、膝関節が変形してしまう整形外科的疾病である。加齢に伴う大腿山頭、筋の萎縮によって関節軟骨に過度な負担がかかり、関節軟骨の表面に傷がつくところから進行していくと認識されているが、変形性膝関節症の発症メカニズムは明硲に解明されているわけではない。これまでに報告されている仮説として、何らかの理由によって軟骨下骨に微小な骨折が生じ、その結果として関節軟骨に傷がつくのではないかというものもある。いずれにしても、大腿四頭筋の筋力低下、萎縮が関節11次骨に大きな負担をかけることは間違いなく、大腿凹頭筋の状態と変形性Jj奈関節症の聞には密接な関係がある。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です