アミノ酸グルタミン

マラソンなどの長距離のランニングは、当然のことながら、筋肉のダメージと疲労をともないます。 こうしたダメージや疲労からの回復をどうすればよいか。筋肉のダメージをグリコーゲンとして蓄えていて、これらをエネルギーとして.軽くするには。長距離のランニングを行うと、当然のことながら疲れるわけですが、そもそも走ることで筋肉は、ダメージを受けています。ケガや病気のように戦うべき外敵がいるのならよいのですが、ランニングの場合は、運動によって筋線維は切れてはいますがケガをしているわけではないので、戦うべき相手がいません。それでも免疫細胞は活性化しているので、切れた筋娘維の部分に集まって炎症を起こしてしまいます。

機能性アミノ酸グルタミンというアミノ酸が運動時に重要な働きをしています。

骨格筋は全身に「グルタミン」というアミノ酸を供給しているといいましたが、グルタミンは最近話題の機能性アミノ酸です。

アミノ酸は、タンパク質の材料になっている栄養素ですが、それ以外にいろいろな機能をもっているものがあります 。そういった多機能なアミノ酸の代表が「グルタミン」です。人の体内で一番多いアミノ酸で、エネルギー源として免疫細胞や消化吸収細胞の活動を支えたり、多彩な機能をもっています。骨格筋中に蓄えられているアミノ酸の約60%を占め、通常は骨格筋から全身へと供給されていて血液中でも全アミノ酸の20%を占めています。

タンパク質の材料,としてはもちろんですが、グルタミンには、それ以外にも重要な機能がたくさんあります。そのため、常に体内で合成しているので、これほど量が多いのです。

体内のグルタミンが減ってしまうと、免疫機能や消化吸収機能が抑制されて、風邪や下痢になったりします。つまり 、とても重要な機能性アミノ酸なのです。