全身のアライメントをチェック

パーソナルトレーナーのカウンセリングが終わったら全身のアライメントをチェックします。一般的にO脚やX脚などの膝のアライメント異常がある場合、変形性膝関節症を発症しやすい。 ただし変形性の関節症の進行と、現在のアライメントはどちらの影響によるものかをきちんと把握することが必要です。O脚の進行が膝の変形を伴っている場合には、O脚を改善するエクササイズをおこなうと、かえって痛みを増大させる可能生もあるので注意する。関節の可動域と動作、筋力発揮をチェックする。関節角度を測定したり 、筋力を測定する機材があれば、それらを活用すべきだが、多くの場合、機器を使わずに素手によっておおまかにチェックしていく 。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です