生け花の費用

いけばなの教室を選ぶとき、料金もポイントとなってきます。教室によって必要な料金は異なりますが、多くの場合、入門料は月謝の1ヶ月分、月謝は3000円~7000円とさまざまです。教室の料金は、花材料込みで料金設定をしているかどうかも必ずチェックしましょう。教室を続けていれば、免状が欲しくなるかもしれません。免状を取るためにも、登録のための料金が必要です。全ての資格を取得するためには30万円ほど発生しますが、趣味の範囲であればこの限りではありません。金額は、流派や地域差もありますので、無理のない範囲で選びましょう。入門前に、金額の説明がしっかりと行われない、もしくは金額の内訳が曖昧である教室の場合は注意が必要です。
また、入門する際に心づけを支払う必要はありません。人によっては付き合いが長いなどで、お中元やお歳暮を贈る人もいるようですが、規定の料金だけを支払うだけで問題ありません。教室で使用するものは、花鋏と花袋が基本です。花鋏は、普通のハサミと比べて頑丈にできています。枝ものを切る時には力が必要ですので、必ず専用のものを選びましょう。左利き用でないと使えない場合は、利き手に合ったものも選びます。材質にもよりますが、2000円~3000円のものが多いようです。教室に体験で訪れるときには、ほとんどの場合、貸してもらうことができますが、自分に合ったものを購入します。花袋は、生け終わった花を持ち帰る用の袋です。花は濡れているので防水であることと、背丈を高く生けることも多いために深さがあることも条件です。他に続けているうちに、花専用の花器や、花留めなどもあれば便利と感じてくるでしょう。徐々に物を揃えていくうちに、費用が発生します。

お歳暮の相場

 お歳暮にどれくらいのお金を掛ければよいのか、迷っている人も少なくないでしょう。決まりがあるわけではありませんが、数千円から5千円の品を贈れば、失礼には当たりません。お中元と比較すれば、少し高めの品ということになります。というのも、お中元は年の半ばで贈るものであるのに対し、お歳暮は来年に向けた挨拶に該当するからです。もちろん人によって考え方は様々でしょうから、お中元より低くなることもあるでしょうし、予算を組む上で様々な制約もあることでしょう。結果的に高額の物を用意できなくても、気持ちが伝わればそれで十分です。但し、最低限のマナーだけは守るように注意して下さい。
 例えば、高額過ぎると失礼に当たります。贈り相手が必ず気を遣うからです。また、お歳暮は基本的に毎年用意するものですから、予算が乱高下してしまうのも禁物です。それを見越した上で、最初に金額を決めるようにしましょう。中身については、相手の家族構成等に注意して選ぶようにします。世帯人数が多い家庭に贈る時は、バラエティー豊かな物や、分け合うことのできる物を選択するべきでしょう。逆に独身者に贈る時は、数よりも質に注意して選ぶようにします。
 もちろん贈る相手によって金額を変えることは必要です。一番高い物は、上司や先輩に当たる人用に準備すべきでしょう。その次のランクの物は、親類に贈るために準備します。但し、普段連絡を取ることが難しい人であれば、親類といえども高額の物を贈って気持ちを伝えることは悪くありません。配偶者の関係者に贈る時は、必ずその配偶者と相談してから選ぶようにしましょう。そうしなければ、後にトラブルを招くことになります。

ブレーキペダルとクラッチペダル

安全運転を心がけていても、思わぬ飛び出しなどは避けて通れない場合もあります。このような時に身を守ってくれるのは「ブレーキ」と言えるのではないでしょうか。

ブレーキを踏む際には、右足の指の付け根付近でペダル中央部を踏むようにするのが理想的と言えるでしょう。力の調節が難しくなるためかかとは床につけないようにしましょう。急に強く踏み込むと急ブレーキとなり、ガクンと衝撃を伴って停止することになります。急ブレーキは、特に高速走行中などではタイヤがロックしてしまうため危険であり、出来るだけ緩やかなブレーキを心がけることが望ましいでしょう。

つま先部分でペダルを踏んでしまうと、力が入りにくく踏み外してしまうといった危険性もあるため注意が必要でしょう。また、土踏まず部分で踏んでしまうのも微調整ができないため危険でしょう。座席の位置によっては、きちんと踏むことができない場合もあるため、安全のための基本姿勢をしっかり身につけておくことが重要でしょう。滑りやすい靴底の場合などには、運転中はスニーカーに履き替えるなどの配慮をしましょう。

自動車学校へ通う際も、動きにくい靴やミュールなどは避け、運転に適した靴を履いていくようにしましょう。近年急増している合宿免許などでも同様です。

ブレーキペダルと同じように、車の走行に欠かせないと言えるのが「クラッチペダル」でしょう。クラッチペダルの場合、踏む足は左足となります。指の付け根あたりで踏み、足首は出来るだけ固定し、膝の屈伸を利用して操作するようにしましょう。クラッチを踏む時は床まで一気に踏み込みましょう。発進や後進の時には「半クラッチ」と呼ばれる状態が適しているため、踏み込みながらエンジン音を聞き、半クラッチがどの位置なのか、自身の左足の感覚と耳で覚えておくと良いでしょう。

口コミを利用する

飲食店の売上が伸びるのは、リピーターを増やすだけでなく新規のお客様を呼び込むことも非常に効果的です。そのためには、口コミを発生させて販売促進をすることを意識しましょう。しかし、口コミはあくまでお客様が自発的に行うことなのでコントロールがしにくい部分になっています。口コミを発生させるには、どのような工夫を行えばいいのでしょうか。

まず、口コミをしやすいかどうかという部分を考えましょう。店の名前は分かりやすいか、人に紹介するための看板メニューがあるか、特徴的なサービスがあるか、などといったポイントです。例えば人に紹介する時に「このような面白いサービスをしてくれた」「○○の料理が美味しい店」「大きさにインパクトがある」「自分で選ぶ種類が多い」と言ったような特徴があれば話しやすくなります。ただし、独自性は大切になりますが、あまりに個性的なものや馴染みがなさすぎるものは、口コミがあっても伝わりにくいものになってしまいます。少なくとも、お客様に味を想像してもらえるようなキャッチコピーなどを考える必要もあるでしょう。また、口コミが「一回きりにならない」という工夫が必要です。何かしらのインパクトがあれば、自然と人に紹介したくなり口コミに繋がります。しかし実際に来店をしてみてインパクトはあったものの「もう二度目の来店はしなくてもいい」と思われてしまっては、それきりになってしまいます。一時的に大きく話題になったものの、数ヶ月後にはすっかりお客様が来なくなった店というのは、インパクトだけで中身がない場合が多いそうです。

新規のお客様を獲得することは非常に大切です。あくまで口コミを発生させながらリピーターを増やすということを意識したメニューブック作りを心掛けていきましょう。

彩りを添える家具と什器

 自身の店を経営したいと考えたとき、注意しておかなければならないのは、店舗デザインの内装には家具や什器の配置も含まれているということでしょう。既製品とオーダー品のどちらを選ぶのかは経営者の方針次第でしょう。専門店であれば什器はオーダー品を用いることが一般的です。しかしオーダー品は値が張るため、予算との相談も必要になります。例えばレジ台のような簡素なものであっても、10万円以上掛かるのが普通です。店舗で使用される家具はデザインもさることながら、耐久性が何よりも求められます。ですから専門業者が供給している家具にはメラミン化粧板を見ることが出来ます。どうしても純木材に拘りたい経営者であれば、耐久性を諦め、尚且つ多額の予算を計上する他ありません。箱物什器については商品との相性が大切になります。商品が適切に並べられ、配置されるためのものですから当然のことです。既製品が使われることは滅多にないと考えてよいでしょう。但し、量販店の場合は大量の什器供給を専門店と契約しており、事実上の既製品と見ることができます。

 最後に照明についてご説明します。照明は店舗経営者にとっては重要なアイテムに位置付けられるものです。照明の種類、配置は設計事務所も心血を注ぐポイントで、ライティングデザイナーと呼ばれる専門スタッフが担当します。照明にはベースライト、ウォールライト、スポットライト、パワーライト等があり、それぞれ大きな特徴を有しています。ベースライトは、蛍光灯やダウンライトで部屋の明るさを決定付ける基本照明に当たります。ウォールライトは壁を照射するためだけに用いられます。視覚照度を上げる効果を期待できます。スポットライトは商品の魅力を増幅させるために部分的に照射します。陰影が付く角度に設置するのが効果的だと言われています。パワーライトはショーウィンドウ用のライトです。

環境ホルモンとは何か

 包装材は内容物を保護する上で、また消費者の安全を守る上で非常に大切なものですが、その一方、ゴミとなった後に環境を破壊する可能性が指摘されてきました。また、プラスチック容器の成分が食品に移行する危険性も取り上げられてきました。特に90年代に世間を賑わせたのが、「環境ホルモン」に纏わる問題でした。プラスチックの食器から食品に溶出する成分が、有害物質に当たるのではないかと恐れられたのです。この成分は俗に環境ホルモンと呼ばれました。確かにプラスチックの食器から何かが溶出していると感じる経験は誰もが有しているところで、古くは1966年にも主婦連合会が警鐘を鳴らしていました。ユリア樹脂のお椀に熱湯を注いだところ、ホルマリン臭が感じられたという相談がきっかけでした。

 ホルマリン臭の事件については、実験で本当にホルマリンが検出されたため、厚生省も検証に乗り出すことになりました。衛生規格を制定することを目途に、まずは種々の容器、中でも合成樹脂製の容器から溶出する成分を試験で調べることから始められたのです。プラスチック業界も協力し、データの蓄積に向けて実験を重ねました。その成果として、厚労省は「合成樹脂製器具及び容器包装の試験法」を改正し、溶出試験の項目を新設するに至ったのです。危険物質は具体的に、フェノール、ホルムアルデヒド、重金属、蒸留残留物等と定められました。これらの危険物質を使ったプラスチック容器は数多く存在し、業界にとっては厳しい規制でしたが、フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂といった代表的な素材を含め、全ての容器の安全性を担保するように努力を重ねました。

メニューブック情報局【MENU BOOK INFORMATION】

手元供養の実際

お墓を買えば、納骨堂に依頼すれば、後は放っておいても大丈夫だと考えてはいませんか?その考えは甘いと言わざるを得ません。お墓は永遠に屹立するわけではなく、長い年月の中で取り壊されたり、自然損壊したりします。納骨堂も、管理会社の倒産という問題が発生し得るのです。ですから自宅外の保管が難しくなった時のために、手元供養の手順を知っておいた方が無難です。以下、具体的に説明することにします。

 先ず法的な側面ですが、遺骨を自宅で保管することに問題はありません。「墓地・埋葬に関する法律」に定める「墓地、納骨堂」は、そこに預けなければ罰せられるという意味ではありません。ですから、親類が自宅で保管する分には、違法性を問われることがないのです。ただ遺骨は湿気に弱いという性質があるため、素人が保管するのは難しいと覚悟しなければなりません。燃焼後の乾いた骨を、陶製の骨壺に入れて保管するわけですから、いかにその乾いた状態を維持できるかがポイントです。

基本的な対策としては、骨壺を桐箱で厳封することです。桐箱は湿気に強いので、これである程度守ることが出来ます。それ以外の対策としては、旧式住宅の場合、仏間で保管することが勧められます。しかし現代風の住宅が大半を占めるでしょうから、保管場所の選定に時間を掛ける必要があります。直射日光の当たらない、風通しの良い所を選ぶようにしましょう。その他にも、粉骨するのは効果的です。火葬後すぐに粉骨すれば、菌の繁殖を抑えることが出来るのです。但し宗派によっては禁じられていますから、可能かどうかを確かめてから行うようにします。

自費出版の増刷

自費出版で販売した本が、想定していたよりも売れるということも充分に考えられます。在庫がなくなり次第、という売り切りにしてしまう方法もありますが、多くの場合は増刷という手段を取ると思います。在庫については、書店側や出版社側が把握しています。一般的な出版社では、在庫が少なくなってきた時点で、著者に増刷するかどうかの連絡をしてくれるそうです。増刷費用については、その段階で相談をすることができるそうです。もしも増刷の数が非常に多いという場合には、出版社側で費用を負担してくれるという場合もあるそうです。

増刷をするとなると、基本的には増刷費用が発生します。一冊でいくらと前もって決めている場合もありますし、本を販売した定価を元に算出するということもあるそうです。印刷は、まとめて行った方が安くなります。もしも売り上げが見込めるという場合には前もって多めに印刷しておくのも良いかもしれません。ただし、初めに多く印刷をすることは、同時に大量の在庫を持ってしまうリスクを抱えてしまうことにもなります。冊数については出版社側とよく相談をして決定するべきでしょう。

また、もしも在庫を抱えてしまった場合にも、自分で何かしらの販売手段を持っている場合には問題ありません。初めから講演を行って本を売る場合や、販売のイベントに参加する場合などには、増刷という方法でなく多めに準備しておくのも良いかもしれません。売れてから増刷というのもひとつの手段ですが、そもそも在庫がなくなる心配のない電子書籍での販売を考えてみても良いかもしれません。初期費用も安く印刷する手間もない分簡単に用意もできますので、紙媒体と併せての販売も可能です。

自費出版のおすすめ:http://www.jskurabu.com/price.html

自費出版で書店流通をしてもらった

自費出版で書店流通をしてもらった場合、一般的には、販売分とは別に著者納品分を受け取ります。完成した本が数十冊程度送られた上で、残りは販売分に回されるということもありますし、希望があれば多くの冊数を手元に置くこともできる出版社もあるようです。これらの本の著作権は当然作者にありますので、配るも買うも著者の自由となっています。著者納品分とは別にもしも追加で本が欲しくなった場合には、新たに印刷をしなくてはならないので費用が発生してしまいます。もしも手元に欲しい分がある場合には、前もって出版社側と相談をしておく必要があるでしょう。

書店流通をして売った本は、売上の100%の還元率で著者にお金が入って来るわけではありません。書店や出版社、間で人件費が発生していますので差し引きの額が著者の取り分となります。どれだけの還元率になるかは、出版社ごとの契約で違ってくると言われています。自分の手元にある本を、自分の力だけで売った場合には、仲介がないので差し引きなく自分の利益とすることができます。書店流通をさせる場合にも売れるとは限りません。ある程度は自分の手元に置いておくのも一つの方法かもしれません。

制作した本が売れる前提であれば良いのですが、自費出版の場合は実際に売れる保証がありません。書店流通分、手元に置く分と多めに部数を用意しても、いざ販売してみたら思うように売れていかないということもあるようです。余った在庫分は、出版社や書店の倉庫に、永遠に置いてもらえるというわけではありません。多めに見積もってしまい、何千冊の在庫を自宅に抱えてしまったというケースもあるそうです。納品分も併せて、冊数はよく考えた方が良いかもしれません。

店舗デザイン業者選び

店舗経営に向けて準備をしていると、設計会社に支払うデザイン費も、施工会社に支払う設備工事費も、予算を超過することがあります。それは予期しないタイミングで発生することがあります。着工して以降に様々なトラブルが生じると、追加工事等が重なってしまい、工期が伸びてしまうのは珍しくありません。ですから予算には十分な余裕を持たせることが肝要です。実際の支払いは2分割となっていますから、計画的に準備することが出来ます。具体的には、設計終了時と引き渡し時とに分かれています。ところで誤解される方も多いのでご説明しますと、施工会社の社員が現場で工事を担うわけではありません。現場に立つのはあくまでも請負業者の従業員です。請負業者はさらに分野ごとに分かれており、電気工事を請け負う業者、排水工事を請け負う業者といった具合に細分化されています。施工会社はそれらの専門業者を取り纏めている監督者に当たり、スケジュールの管理を行っています。工事が終了した段階で問題ないか点検するのも施工会社の役割です。

店舗デザイン.net あなたの「理想」はここにある