生け花の費用

いけばなの教室を選ぶとき、料金もポイントとなってきます。教室によって必要な料金は異なりますが、多くの場合、入門料は月謝の1ヶ月分、月謝は3000円~7000円とさまざまです。教室の料金は、花材料込みで料金設定をしているかどうかも必ずチェックしましょう。教室を続けていれば、免状が欲しくなるかもしれません。免状を取るためにも、登録のための料金が必要です。全ての資格を取得するためには30万円ほど発生しますが、趣味の範囲であればこの限りではありません。金額は、流派や地域差もありますので、無理のない範囲で選びましょう。入門前に、金額の説明がしっかりと行われない、もしくは金額の内訳が曖昧である教室の場合は注意が必要です。
また、入門する際に心づけを支払う必要はありません。人によっては付き合いが長いなどで、お中元やお歳暮を贈る人もいるようですが、規定の料金だけを支払うだけで問題ありません。教室で使用するものは、花鋏と花袋が基本です。花鋏は、普通のハサミと比べて頑丈にできています。枝ものを切る時には力が必要ですので、必ず専用のものを選びましょう。左利き用でないと使えない場合は、利き手に合ったものも選びます。材質にもよりますが、2000円~3000円のものが多いようです。教室に体験で訪れるときには、ほとんどの場合、貸してもらうことができますが、自分に合ったものを購入します。花袋は、生け終わった花を持ち帰る用の袋です。花は濡れているので防水であることと、背丈を高く生けることも多いために深さがあることも条件です。他に続けているうちに、花専用の花器や、花留めなどもあれば便利と感じてくるでしょう。徐々に物を揃えていくうちに、費用が発生します。

お歳暮の相場

 お歳暮にどれくらいのお金を掛ければよいのか、迷っている人も少なくないでしょう。決まりがあるわけではありませんが、数千円から5千円の品を贈れば、失礼には当たりません。お中元と比較すれば、少し高めの品ということになります。というのも、お中元は年の半ばで贈るものであるのに対し、お歳暮は来年に向けた挨拶に該当するからです。もちろん人によって考え方は様々でしょうから、お中元より低くなることもあるでしょうし、予算を組む上で様々な制約もあることでしょう。結果的に高額の物を用意できなくても、気持ちが伝わればそれで十分です。但し、最低限のマナーだけは守るように注意して下さい。
 例えば、高額過ぎると失礼に当たります。贈り相手が必ず気を遣うからです。また、お歳暮は基本的に毎年用意するものですから、予算が乱高下してしまうのも禁物です。それを見越した上で、最初に金額を決めるようにしましょう。中身については、相手の家族構成等に注意して選ぶようにします。世帯人数が多い家庭に贈る時は、バラエティー豊かな物や、分け合うことのできる物を選択するべきでしょう。逆に独身者に贈る時は、数よりも質に注意して選ぶようにします。
 もちろん贈る相手によって金額を変えることは必要です。一番高い物は、上司や先輩に当たる人用に準備すべきでしょう。その次のランクの物は、親類に贈るために準備します。但し、普段連絡を取ることが難しい人であれば、親類といえども高額の物を贈って気持ちを伝えることは悪くありません。配偶者の関係者に贈る時は、必ずその配偶者と相談してから選ぶようにしましょう。そうしなければ、後にトラブルを招くことになります。

彩りを添える家具と什器

 自身の店を経営したいと考えたとき、注意しておかなければならないのは、店舗デザインの内装には家具や什器の配置も含まれているということでしょう。既製品とオーダー品のどちらを選ぶのかは経営者の方針次第でしょう。専門店であれば什器はオーダー品を用いることが一般的です。しかしオーダー品は値が張るため、予算との相談も必要になります。例えばレジ台のような簡素なものであっても、10万円以上掛かるのが普通です。店舗で使用される家具はデザインもさることながら、耐久性が何よりも求められます。ですから専門業者が供給している家具にはメラミン化粧板を見ることが出来ます。どうしても純木材に拘りたい経営者であれば、耐久性を諦め、尚且つ多額の予算を計上する他ありません。箱物什器については商品との相性が大切になります。商品が適切に並べられ、配置されるためのものですから当然のことです。既製品が使われることは滅多にないと考えてよいでしょう。但し、量販店の場合は大量の什器供給を専門店と契約しており、事実上の既製品と見ることができます。

 最後に照明についてご説明します。照明は店舗経営者にとっては重要なアイテムに位置付けられるものです。照明の種類、配置は設計事務所も心血を注ぐポイントで、ライティングデザイナーと呼ばれる専門スタッフが担当します。照明にはベースライト、ウォールライト、スポットライト、パワーライト等があり、それぞれ大きな特徴を有しています。ベースライトは、蛍光灯やダウンライトで部屋の明るさを決定付ける基本照明に当たります。ウォールライトは壁を照射するためだけに用いられます。視覚照度を上げる効果を期待できます。スポットライトは商品の魅力を増幅させるために部分的に照射します。陰影が付く角度に設置するのが効果的だと言われています。パワーライトはショーウィンドウ用のライトです。

環境ホルモンとは何か

 包装材は内容物を保護する上で、また消費者の安全を守る上で非常に大切なものですが、その一方、ゴミとなった後に環境を破壊する可能性が指摘されてきました。また、プラスチック容器の成分が食品に移行する危険性も取り上げられてきました。特に90年代に世間を賑わせたのが、「環境ホルモン」に纏わる問題でした。プラスチックの食器から食品に溶出する成分が、有害物質に当たるのではないかと恐れられたのです。この成分は俗に環境ホルモンと呼ばれました。確かにプラスチックの食器から何かが溶出していると感じる経験は誰もが有しているところで、古くは1966年にも主婦連合会が警鐘を鳴らしていました。ユリア樹脂のお椀に熱湯を注いだところ、ホルマリン臭が感じられたという相談がきっかけでした。

 ホルマリン臭の事件については、実験で本当にホルマリンが検出されたため、厚生省も検証に乗り出すことになりました。衛生規格を制定することを目途に、まずは種々の容器、中でも合成樹脂製の容器から溶出する成分を試験で調べることから始められたのです。プラスチック業界も協力し、データの蓄積に向けて実験を重ねました。その成果として、厚労省は「合成樹脂製器具及び容器包装の試験法」を改正し、溶出試験の項目を新設するに至ったのです。危険物質は具体的に、フェノール、ホルムアルデヒド、重金属、蒸留残留物等と定められました。これらの危険物質を使ったプラスチック容器は数多く存在し、業界にとっては厳しい規制でしたが、フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂といった代表的な素材を含め、全ての容器の安全性を担保するように努力を重ねました。

メニューブック情報局【MENU BOOK INFORMATION】

店舗デザイン業者選び

店舗経営に向けて準備をしていると、設計会社に支払うデザイン費も、施工会社に支払う設備工事費も、予算を超過することがあります。それは予期しないタイミングで発生することがあります。着工して以降に様々なトラブルが生じると、追加工事等が重なってしまい、工期が伸びてしまうのは珍しくありません。ですから予算には十分な余裕を持たせることが肝要です。実際の支払いは2分割となっていますから、計画的に準備することが出来ます。具体的には、設計終了時と引き渡し時とに分かれています。ところで誤解される方も多いのでご説明しますと、施工会社の社員が現場で工事を担うわけではありません。現場に立つのはあくまでも請負業者の従業員です。請負業者はさらに分野ごとに分かれており、電気工事を請け負う業者、排水工事を請け負う業者といった具合に細分化されています。施工会社はそれらの専門業者を取り纏めている監督者に当たり、スケジュールの管理を行っています。工事が終了した段階で問題ないか点検するのも施工会社の役割です。

店舗デザイン.net あなたの「理想」はここにある