ブレーキペダルとクラッチペダル

安全運転を心がけていても、思わぬ飛び出しなどは避けて通れない場合もあります。このような時に身を守ってくれるのは「ブレーキ」と言えるのではないでしょうか。

ブレーキを踏む際には、右足の指の付け根付近でペダル中央部を踏むようにするのが理想的と言えるでしょう。力の調節が難しくなるためかかとは床につけないようにしましょう。急に強く踏み込むと急ブレーキとなり、ガクンと衝撃を伴って停止することになります。急ブレーキは、特に高速走行中などではタイヤがロックしてしまうため危険であり、出来るだけ緩やかなブレーキを心がけることが望ましいでしょう。

つま先部分でペダルを踏んでしまうと、力が入りにくく踏み外してしまうといった危険性もあるため注意が必要でしょう。また、土踏まず部分で踏んでしまうのも微調整ができないため危険でしょう。座席の位置によっては、きちんと踏むことができない場合もあるため、安全のための基本姿勢をしっかり身につけておくことが重要でしょう。滑りやすい靴底の場合などには、運転中はスニーカーに履き替えるなどの配慮をしましょう。

自動車学校へ通う際も、動きにくい靴やミュールなどは避け、運転に適した靴を履いていくようにしましょう。近年急増している合宿免許などでも同様です。

ブレーキペダルと同じように、車の走行に欠かせないと言えるのが「クラッチペダル」でしょう。クラッチペダルの場合、踏む足は左足となります。指の付け根あたりで踏み、足首は出来るだけ固定し、膝の屈伸を利用して操作するようにしましょう。クラッチを踏む時は床まで一気に踏み込みましょう。発進や後進の時には「半クラッチ」と呼ばれる状態が適しているため、踏み込みながらエンジン音を聞き、半クラッチがどの位置なのか、自身の左足の感覚と耳で覚えておくと良いでしょう。

口コミを利用する

飲食店の売上が伸びるのは、リピーターを増やすだけでなく新規のお客様を呼び込むことも非常に効果的です。そのためには、口コミを発生させて販売促進をすることを意識しましょう。しかし、口コミはあくまでお客様が自発的に行うことなのでコントロールがしにくい部分になっています。口コミを発生させるには、どのような工夫を行えばいいのでしょうか。

まず、口コミをしやすいかどうかという部分を考えましょう。店の名前は分かりやすいか、人に紹介するための看板メニューがあるか、特徴的なサービスがあるか、などといったポイントです。例えば人に紹介する時に「このような面白いサービスをしてくれた」「○○の料理が美味しい店」「大きさにインパクトがある」「自分で選ぶ種類が多い」と言ったような特徴があれば話しやすくなります。ただし、独自性は大切になりますが、あまりに個性的なものや馴染みがなさすぎるものは、口コミがあっても伝わりにくいものになってしまいます。少なくとも、お客様に味を想像してもらえるようなキャッチコピーなどを考える必要もあるでしょう。また、口コミが「一回きりにならない」という工夫が必要です。何かしらのインパクトがあれば、自然と人に紹介したくなり口コミに繋がります。しかし実際に来店をしてみてインパクトはあったものの「もう二度目の来店はしなくてもいい」と思われてしまっては、それきりになってしまいます。一時的に大きく話題になったものの、数ヶ月後にはすっかりお客様が来なくなった店というのは、インパクトだけで中身がない場合が多いそうです。

新規のお客様を獲得することは非常に大切です。あくまで口コミを発生させながらリピーターを増やすということを意識したメニューブック作りを心掛けていきましょう。

手元供養の実際

お墓を買えば、納骨堂に依頼すれば、後は放っておいても大丈夫だと考えてはいませんか?その考えは甘いと言わざるを得ません。お墓は永遠に屹立するわけではなく、長い年月の中で取り壊されたり、自然損壊したりします。納骨堂も、管理会社の倒産という問題が発生し得るのです。ですから自宅外の保管が難しくなった時のために、手元供養の手順を知っておいた方が無難です。以下、具体的に説明することにします。

 先ず法的な側面ですが、遺骨を自宅で保管することに問題はありません。「墓地・埋葬に関する法律」に定める「墓地、納骨堂」は、そこに預けなければ罰せられるという意味ではありません。ですから、親類が自宅で保管する分には、違法性を問われることがないのです。ただ遺骨は湿気に弱いという性質があるため、素人が保管するのは難しいと覚悟しなければなりません。燃焼後の乾いた骨を、陶製の骨壺に入れて保管するわけですから、いかにその乾いた状態を維持できるかがポイントです。

基本的な対策としては、骨壺を桐箱で厳封することです。桐箱は湿気に強いので、これである程度守ることが出来ます。それ以外の対策としては、旧式住宅の場合、仏間で保管することが勧められます。しかし現代風の住宅が大半を占めるでしょうから、保管場所の選定に時間を掛ける必要があります。直射日光の当たらない、風通しの良い所を選ぶようにしましょう。その他にも、粉骨するのは効果的です。火葬後すぐに粉骨すれば、菌の繁殖を抑えることが出来るのです。但し宗派によっては禁じられていますから、可能かどうかを確かめてから行うようにします。

膝のセルフマッサージ

膝に傷害があったり、痛みがあったりすると、膝周辺の筋肉や靭帯がこわばることがあります。このような場合、何となく膝の噛み合わせが上手くいってないような感覚を持つことが多いそうです。この原因としては、膝蓋骨の周辺に付着している筋肉や靭帯がこわばって緊張していることが挙げられると思います。


このような時の対処法としては、膝蓋骨の周辺をなぞるように、両手で圧迫しながら膝を動かすセルフマッサージが有効だといえるでしょう。このマッサージのポイン卜は、膝蓋骨周辺を押さえながら、自分自身の力で膝を前後に振るようにすることです。また、脚を振る動作はできる限りリラックスして行うことも大切だと思います。


こわばっていた筋肉や靭帯が弛緩すれば、動かしているうみに自然と大腿骨、膝蓋骨などの位置が整ってくることが期待できます。特に、膝にけがをしている人は、日常生活の中で膝をかばってしまうことにより、大腿部を緊張させて動作をおこなっていることが多いといいます。これは膝周辺の組織をさらにこわばらせ、膝を動かしにくくさせているケースもあるそうです。


このセルフマッサージは普段の生活の中でも、パーソナルトレーニング中のセット間でも手軽に取り入れられるのが良いところでしょう。
膝に違和感がある場合は、ひとまずこのセルフマッサージを1530秒程度やってみるといいと思います。やり過ぎによるデメリッ卜はほとんどありませんので、日頃の膝のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

ハムストリングスのストレッチ

ハムストリングスや、膝の後ろの筋肉の柔軟性がなくなってきたことにより、筋肉がこわばってくると膝を伸ばすことが困難になるおそれがあります。また、膝の傷害自体も膝の伸展を妨げる原因であるため、 これらの理由によって、膝を怪我した時には急激に膝の可動域が狭くなってしまうことが考えられるでしょう。ですので、もし痛みがそれほど強いものでないのであれば、ハムストリングスの柔軟性を維持し、膝を完全に伸ばせるようにたもっておくことが大切です。これは、膝のリコンディショニングをするうえでも重要だと考えられていますので、覚えておきましょう。


ハムストリングスには、歩行時の衝撃を吸収するというはたらきがあり、硬くこわばりやすい筋肉です。


そのため、ハムストリングスのストレッチはタイミングをみて 一日に数回程度行うのが良いと思います。ハムストリンクスのストレッチは、普段の生活やパーソナルトレーニング中にも取り入れやすく、椅子に座って行うことも可能です。さらに、柔軟性が低下している人であっても心配はほとんどいりません。バランスに気を取られることなく、手軽に行えるというメリットがあります。


ハムストリングスのストレッチをする際、伸ばしている膝に手を乗せてしまうと、膝に負担がかかってしまうため、両手をストレッチしない方の脚に乗せておくように注意してください。足首を背屈した状態で行うと、ハムストリングスと一緒に下腿の腓腹筋もストレッチすることができるそうです。

大腿四頭筋のストレッチ

膝にあまり負担をかけずに行えると考えられているのが、寝て行う大腿四頭筋のストレッチです。寝て行う方法であれば身体のバランスを取る必要がほとんどありません。そのため、年齢や性別に関係なく行うことができると思います。


股関節が屈曲したり、腰が反って大腿四頭筋がストレッチできていなかったりというようなことがないよう、体幹と大腿部が一直線になっているか注意しましょう。膝のリコンディショニンクとして行うのであれば、踵を臀部に向かってまっすぐに引くようにすると効果が期待できると思います。


また、柔軟性が低い場合の代替方法もあります。大腿四頭筋の柔軟性が低下している人が無理してストレッチをしてしまうと、股関節を屈曲して動作を代償しようとしてしまうおそれがあります。大腿四頭筋の 一つである大腿直筋は、股関節をまたいで付着しています。そのため、股関節が屈曲するとストレッチか不十分になってしまうというわけです。大腿四頭筋の柔軟性が低く、股関節を屈曲させないで踵をつかむことが難しい場合、タオルを足首にかけて引くという方法がおすすめです。


大腿四頭筋のストレッチは、立位で行うこともできます。片足で立ち、反対側の足首を持って踵をまっすぐ臀部に近づけていくというやり方です。


屋外でも手軽に取り入れられるという長所があるものの、片足でバランスを取る必要があるため、最低限の大腿部の筋力とバランス能力は必要になるでしょう。


また、ストレッチではできるだけ体がリラックスした状態で行うことが大切です。したがって、バランス能力の高いとしても、一方の手を壁などについてバランスを取りながら行った方が良いといえるでしょう。

リコンディショニング

パーソナルトレーニングを続けていくにあたり、自分一人でできるようになることが、最終的な目標といえるかもしれません。今回は、変形性膝関節症や靭帯を損傷したらケースなどから膝の機能を回復するのに有効なリコンデイショニングテクニックを紹介します。


まずは、自分一人の力で行えるエクササイズです。リコンディショニングの初めから終わりまでというように、長い期間にわたって有効といえるエクササイズです。


リコンディショニングをしていくうえでは、自身で痛みを制御できていたり、回復してきていたりという感覚をえることがとても大切だと考えられています。自分で自分の身体をコントロールできているという「自己効力感」を高めることは、リコンディショニングが上手くいくためには不可欠の要素と言ってもいいかもしれません。


実際のリコンディショニングの場面では、セルフコンディショニングを日常生活の中に取り入れて実践し、パーソナルトレーニングの中で進行状況を確認していくやり方がオススメです。


トレーナーと一緒に行うペアストレッチや、ある程度のテクニックが必要とされる高度なリコンディショニングと、日々のセルフコンディショニングを組み合わせることで、リコンディショニングの効果をより高めることが可能だと思います。ただし、医師の指導による運動制限などがある場合は、無理せずにそれの範囲内で行いましょう。無理をすれば回復が早まるわけではありませんので、時間をかけて根気よくリコンディショニングをしていくことが大切です。

インソールのお店

最近では、靴のインソールを作ってくれるお店が増えているそうです。ただ、その人の体や足の形を見て、フィードバックをしながらインソールを制作してくれるところはまだそれほど多くはないかもしれません。ですので、お客さんの体を見て、それをフィードバックしてインソールを作ってくれるところを選ぶと良いでしょう。
インソールを作るとき注意しておかなければならないことがあります。それは、インソールは体に影響を与えるものであるということです。使い方や作り方を間違えると、悪い影響を及ぼすほか、障害を招く危険性もあります。


こういったことを理解するためにも、フィードバックは必要なものだといえるでしょう。実際に、体にとっていい影響を与えることによって、それまではなかった筋肉痛が出てくることもあるそうです。たとえば、インソールを作ったことによってパーソナルトレーニングで今まで使えていなかった内側の筋肉をバランスよく使えるようなるなどの効果が期待でき、その結果、筋肉痛が起きるというわけです。


このようなことを先に教わっていれば、痛みが出た時に効果が現れているとわかるのですが、全く説明を受けていなければ、インソールのせいで足が痛くなったと勘違いしてしまうかもしれません。実際にこのようなケースがあるそうです。


インソールのお店がなかなか広まっていない理由には、クレームへの対応方法や体のことがよくわからない方が多いということがあるのではないかと思います。

膝のセルフマッサージ

膝に傷害があったり、痛みがあったりすると、膝周辺の筋肉や靭帯がこわばることがあります。このような場合、何となく膝の噛み合わせが上手くいってないような感覚を持つことが多いそうです。この原因としては、膝蓋骨の周辺に付着している筋肉や靭帯がこわばって緊張していることが挙げられると思います。


このような時の対処法としては、膝蓋骨の周辺をなぞるように、両手で圧迫しながら膝を動かすセルフマッサージが有効だといえるでしょう。このマッサージのポイン卜は、膝蓋骨周辺を押さえながら、自分自身の力で膝を前後に振るようにすることです。また、脚を振る動作はできる限りリラックスして行うことも大切だと思います。


こわばっていた筋肉や靭帯が弛緩すれば、動かしているうみに自然と大腿骨、膝蓋骨などの位置が整ってくることが期待できます。特に、膝にけがをしている人は、日常生活の中で膝をかばってしまうことにより、大腿部を緊張させて動作をおこなっていることが多いといいます。これは膝周辺の組織をさらにこわばらせ、膝を動かしにくくさせているケースもあるそうです。


このセルフマッサージは普段の生活の中でも、パーソナルトレーニング中のセット間でも手軽に取り入れられるのが良いところでしょう。


膝に違和感がある場合は、ひとまずこのセルフマッサージを1530秒程度やってみるといいと思います。やり過ぎによるデメリッ卜はほとんどありませんので、日頃の膝のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

リコンディショニング

パーソナルトレーニングを続けていくにあたり、自分一人でできるようになることが、最終的な目標といえるかもしれません。今回は、変形性膝関節症や靭帯を損傷したらケースなどから膝の機能を回復するのに有効なリコンデイショニングテクニックを紹介します。


まずは、自分一人の力で行えるエクササイズです。リコンディショニングの初めから終わりまでというように、長い期間にわたって有効といえるエクササイズです。


リコンディショニングをしていくうえでは、自身で痛みを制御できていたり、回復してきていたりという感覚をえることがとても大切だと考えられています。自分で自分の身体をコントロールできているという「自己効力感」を高めることは、リコンディショニングが上手くいくためには不可欠の要素と言ってもいいかもしれません。


実際のリコンディショニングの場面では、セルフコンディショニングを日常生活の中に取り入れて実践し、パーソナルトレーニングの中で進行状況を確認していくやり方がオススメです。


トレーナーと一緒に行うペアストレッチや、ある程度のテクニックが必要とされる高度なリコンディショニングと、日々のセルフコンディショニングを組み合わせることで、リコンディショニングの効果をより高めることが可能だと思います。ただし、医師の指導による運動制限などがある場合は、無理せずにそれの範囲内で行いましょう。無理をすれば回復が早まるわけではありませんので、時間をかけて根気よくリコンディショニングをしていくことが大切です。